上野発の夜行列車 おりた時から
青森駅は 雪の中
北へ帰る人の群れは 誰も無口で
海鳴りだけを きいている

私もひとり 連絡船に乗り
こごえそうな鴎見つめ
泣いていました
ああ 津軽海峡 冬景色

ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと
見知らぬ人が 指をさす
息でくもる窓のガラス ふいてみたけど
はるかにかすみ 見えるだけ

さよならあなた 私は帰ります
風の音が胸をゆする
泣けとばかりに
ああ 津軽海峡 冬景色

從上野開出的夜行列車走下來的時候
青森站矗立在雪中
回去北方的人群~大家都默默無言
只聽到海浪波濤的聲音

我獨自走上渡船
看見快凍僵的海鷗
不禁掉下淚來
啊~津輕海峽冬景色

「請看那就是龍飛岬~在北方的盡頭」
不認識的人用手指著
被呼出的熱氣弄濛的窗玻璃~擦了又擦
也祇能看見遙遠的濃霧而已

再見了親愛的~我就要回去了
風的聲音在胸中激盪
眼淚幾乎就要掉下來了
啊~津輕海峽冬景色







創作者介紹
創作者 襪子 的頭像
襪子

somsoc

襪子 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()